2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

my rlist

デザイン

2009/12/18

NDCグラフィックス2010カレンダー

NDCグラフィックス
年末パーティーに誘われたので行ってきました。

場所は横浜の馬車道駅から徒歩数分の万国橋倉庫ですが、
いつ来ても素敵なロケーションです。

花火の時は、窓から花火がよく見えてもっと素敵ですが、
年末は外の景色も寒そうです。

それでもデザイナー、カメラマン、印刷関係の方と
NDC関係の方が沢山いらしてました。

毎回楽しみにしているMさんのたこ焼きも美味しくて
何となく毎回参加させてもらってます。


帰りにはNDC特製カレンダーをいただきました。
今年のはブルーダルで特にかわいいです。

カレンダーってあちこちでよく貰うのですが、
なかなか飾りたい素敵なのがありませんが、これはいいですね。

このカレンダーを持って帰ると娘も欲しいと言うので
娘の部屋のカレンダーになりそうです。

いつもありがとうございま~す。

20091218_002

2008/02/06

汐留クリエイティブセンター再び

ギフトショーを見たあと、

FABRICA LES YEUX OUVERTS

将来を見据えた目 2008年1月18日(金)-3月2日(日) を観る為

汐留クリエイティブセンターに寄りました。

クリエイティブセンター前の広場は相変わらず素敵です。

055

パリのポンピドーセンターからの巡回展のようです。

作品数は思ったより少なかったですが、考えさせられるような内容で面白かったです。

また、日本では珍しく展示作品の写真撮影がOKだったので少しだけ写真を撮ってきました。

048

これはカメラを持った私です。

053
044


なんだか面白いですよね。

049

047

他にもTVを見続ける子どものうつろな映像を何分も撮り続けた作品や、
アニメーションを手軽に作る事ができるコンピューターも置いてあったので、簡単なものを作って遊んでました。

フラッシュと同じソフトの簡易バージョンのようです。

2008/01/18

汐留 クリエィティブセンター

忙しい年末・年始がひと段落して、
前から行きたかった、
汐留クリエィティブセンターへ行ってきました。

このあたりはイタリア街ような街並みで、
クリエィティブセンターもイタリアの商工会議所やミラノトリエンナーレなど政府関係のてこ入れがあるビルのようです。



今回の目的は、

ブルーノ・ムナーリ展

-しごとに関係ある人 出入り おことわり-

001_2


会期が1月27日までだったので、もうぎりぎりです。
トレース紙や穴の空いた本、テキスタイル、灰皿、など学生時代に夢中になった懐かしい作品が並んでいて、今でも十分通用する質の高いデザインに、改めてムナーリの素晴らしさを噛みしめました。

さすがです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また、明日から始まる次回展覧会の用意をしていましたが、
センター前の看板を見るだけで面白そうです。


FABRICA LES YEUX OUVERTS

将来を見据えた目 2008年1月18日(金)-3月2日(日)

002


007006


004
003

005_2


この展覧会はベネトングループの展覧会として、
パリのポンピドーセンターで企画され、
ミラノ・上海を回って今回日本に来たようです。
これも絶対行こうと誓いました。

お昼はこのセンター1Fにある
FERRARINI(フェラリーニ)直営レストランで
スープとリゾットを食べました。


お店に大きなパルミジャーノチーズが沢山並んでいるのが印象的なイタリアンなお店です。(気になったので聞いてみたらやっぱりレプリカでしたが面白いですね)

お隣に直営ショップもあって美味しそうだったので、
生ハム・パスタ・パルミジャーノチーズを買いました。


その食材を使って、家に帰ってからカルボナーラを作ったら
すごく美味しい!」と大絶賛でした。

もちろん私も食べましたが、いつもより美味しくできて、
下手なレストランで食べるより美味しかったです。(自我自賛)

やはり食材がいいと、料理の腕が上がった気がします。


2007/12/15

作品展

娘の小学校の「作品展」に参加しました。

2007_0342007_029

2007_0302007_011

2007_0082007_009

2年前にも一度出品したことがあって、
「また、出して」と頼まれました。

時間もないし、どうしようかと迷いましたが、
以前から作ってみたいものがあったので出すことにしました。


ケーキBOX」です。

2007_015

2007_014


映画「レミーのおいしいレストラン」を見た時買った
折り紙のケーキをもっとおいしそうにできないか、


もともと、ケーキが大好きなので、
紙のケーキを作ってみることにしました。

2007_018

紙のケーキは4種類

チョコケーキ、ミルフィーユ、カシスケーキ、モンブラン

きりとり線で切って、のりしろを張り合わせれば出来上がりです。
このシートがあれば簡単にかわいいケーキを作ることが出来ます。


そして、この「ケーキBOX」を気に入って、
作ってみたいという子がいたら
4個のケーキが作れるシート
全員にあげることにしました。

200712_014200712_013

子どもたちに簡単な立体を楽しく作ってもらうのも
少しだけ勉強に役立つかもしれません。


何人の希望があるかわかりませんが、
子ども達が喜んでくれるなら、
できるだけわけてあげたいと思います。

そんなことがきっかけになって、
パッケージに対するいいイメージを
持ってくれると嬉しいです。

2007/07/28

チョコレート展

7月29日まで21-21で開催の
チョコレート展」にやっと行ってきました。

Mao_027_2

Mao_026_2


入場時にチョコを1枚もらいました。

「食べながら見て」ということでしょうか。


・・・・・・・・・・・

この展覧会、個人的にはとっても面白かったです。

TVでチョコレート展の特集してた時に見てたので、
大体わかっていたのですが、それでも面白かった。


なぜって、
チョコレート」ってテーマは
ケーキ」「スパイス」と共に
私にとっても永遠のテーマのひとつだからです。

なんだかとっても引かれるものがあります。
個人的な趣味かもしれませんが大好きです。

あと3日で終わりですが、
私と趣味が合う方お勧めの展覧会です。

2007/03/07

キムラカツ展 問いボックス店

Img018

3月6日~28日まで

私が25年前に勤めていた「パッケージングディレクション
社長の木村勝氏が

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)で

キムラカツ展 問いボックス店」を開催しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日がオープニングパーティーだったので行ってきました。

Toybox_016_2Toybox_015_1


とてもいい展覧会でした。
特に地下展示が私にとっては思い出深いものが多かったです。

自分のデザインしたものも含め
懐かしいデザインが沢山展示してありました。


作品を見ていると、

「あ~~。ここの部分ホワイトで修正したなあ」
とか、ピンセットで字間を切り張りしていた手の感触が戻ってきます。
また、スタッフみんなで夜遅くまでプレゼンしていた光景も思い出されます。

そんな時代でした。
今はデザインしていてもアンケート中心で
こんなふうにデザイナーの思いを出せる場所が少なくなってしまいました。

あの頃、あの場所で、この仕事達に出会えて良かった。
ホントにそう思います。

作品達をみても不思議に古さを感じない。
なんだか新しい感じさえします。

昨日は珍しく、2次会、3次会と行って
最後は「パッケージングディレクション」の同窓会のようになってしまいました。
懐かしくて、楽しかったです。


お時間がありましたら是非

キムラカツ展 問いボックス店」を

見に行ってください。

・・・・・・・・・

Img019_1

左の写真はお土産の紙パズルです。
これ25年前のデザインです。

3種類あって選べたので私はこれにしました。
(これらは青山ベルコモンズのゾナルトで昔売っていました。)


2006/11/22

文字本

片岡朗さんというグラフィックデザイナーの方が今度本を出しました。

文字本」という本です。

私がエージーをやめてフリーになった20年前、片岡さんはスタンダード通信社にいて、一緒にお仕事をさせていただいたことがあります。
飄々とした笑顔が素敵で、「テニスやるならいいとこ知ってますよ」とテニスクラブまで教えてくれました。

その後も年賀状のやりとりくらいのお付き合いでしたが、何年か前からフォントを作っていることは知っていました。また、「丸明オールド」がデザインの本に載っていて、その成功をひそかに喜んでもいました。

Iroha_013

去年は「iroha gothic」(イロハゴシック)の本も贈ってくいただいたので拝見させていただくと、ファミリーになった文字達がシンプルに並んでいました。「これを作るのにはどんな精神力がいるのだろう」と改めて片岡さんの仕事に驚嘆したものです。

そして、先日1枚のFaxが流れてきて「文字本」の出版パーティーがあるのを知りました。
発起人の方の文を読んで、あのシャイな昔の笑顔が思い出されて、是非、片岡朗さんにお会いしたくなりました。

片岡朗ファンとして、明日のパーティーに行くのを楽しみにしています。

なんだか手紙のようになってしまいました・・・

2006/08/23

デザイン事務所見学^^

Cimg2059

Cimg2060

Cimg2054


せっかく岐阜に滞在しているので、


大学の後輩でマイミクで、


名古屋でプロダクトデザインをしている


norigotoさんのデザイン事務所に
ずうずうしくも遊びに行ってきました。

素敵な事務所でびっくり♪

私もいずれはこんな事務所を作ってみたい・・・
なんて思ってしまいました。

緑のエコカーテンの実物もしっかりチェック!

Cimg2053


写真も少しだけ撮らせてもらいました。

お忙しいのにすみませんでした。

2005/10/21

デザイン事務所見学3

今日は表参道にあるMデザイン事務所を訪ねました。とってもお忙しそうだったのに無理に時間を取ってもらって、アドバイスをいただきました。事務所のポトフォリオを見せてもらったのですが、とってもシンプルできれいでした。・・・ショック!私ももっと素敵なポトフォリオにしようと心に誓いました。商品以上にきれいに見せることは大切だとも思いました。(プレゼンテーションがいいということです)
それから、どんなにもっとこんな事をしたい、こんなデザインをしたいと言っても未来の自分は見せられない。どんなに気に入らなくても過去の仕事から逃げてはいけないと思いました。私は今までの仕事を紹介する時いつも「主婦をしていて、子育てしていて・・ちゃんとやれば、もっとできるはずなんです」的な事を知らずに口にしてきたように思います。でも、この考えが甘いのだと思いました。
今できる事、今の仕事を精一杯やる事が大切だと思いました。その他にはファイルの保存の仕方や守秘義務についてもお話を聞かせてもらいました。とても参考になりました。ありがとうございました。

2005/10/10

愛知芸大クリエーターズ展

愛知芸大クリエーターズ展(銀座ポーラミュージアムで10月10日~16日開催)に主人が出品していた事もあって、家族で会場設営の様子を見にいった。
_001


会場設営風景です。

愛知芸大クリエーターズ
2005
サイト

http://www.ai-doso.jp/local/east/acrex/index.html
銀座は歩行者天国で、ビトンやエルメス、ディオールなどブランド店がひしめいている。
子どもたちとの約束の洋服をソニープラザとプランタンで買って、ふたりを帰らせた後、主人とアンリシャルパンティエでお茶を飲みパーティ会場へ、久しぶりの友人達に会えて嬉しかった。
大学を出てから25年の年月が過ぎているというのに、変わらない友人達。色々話してみたいのに何を話していいかわからない。私が自宅で細々と仕事している間にみんな各会社で偉くなっていたり、社会的に認められて先生のようになっている人もいる。でも話をしてみるとなんだか変わっていない。ほっとすると同時にこのまま置き去りにされないよう、もう少し頑張ってみたいと静かな闘志が湧いてきた。
結局2次会も行って帰ってきたのは12時すぎだった。シンデレラじゃないが、こんなに遅くに子どもたちの元に帰ったことはない。いままで過保護に育てすぎていた気もするがなんとなく気が引ける。
ごめんね。たまには息抜きさせてね