2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

my rlist

パッケージデザイン

2010/02/23

鉄分補給しましょう。

鉄分が不足すると貧血ぎみになったり疲れやすくなったりします。
私はレバーとかお肉が苦手なので、ちょっと不足がちです。

そんな時、

オルビスグレープFeは1本飲むと
鉄分が、かなり補給が出来ます。

Rimg0080

これは自腹でちょくちょく買ってますね。

ついでにと言うわけではありませんが、
ストロベリーFeもよく買います。

Rimg0061

これはパッケージデザインはともかく
中の錠菓が気に入っています。

このイチゴの形。かわいいでしょ。

Rimg0064

もちろん、私がデザインしました。


あれは、7年前に長女の中学受験の控え室で、試験が終わるのを待ちながら 沢山スケッチしてたうちのひとつがこれです。

何となく ちゃんとイチゴに見えて
しかもオリジナリティーがあるので気に入っています。

このイチゴの錠菓
沢山の方のお口に中に消えていって・・・

おいしく鉄分補給をしてくれたんです。

じ~~~ん。


この他にも沢山錠菓のデザインしたのですが、
意外に知られていないので、

写真に撮って近々H.Pに載せようと思ってます。

鉄分不足の方。

是非食べてくださいねわーい(嬉しい顔)

2010/01/15

トロピカーナのパッケージデザイン

2年程前、JPDAのNY研修旅行に行った時
Starling Group社を訪問しました。

ここはトロピカーナのパッケージデザインをしているデザイン事務所で、
アメリカの市場において、企業の象徴的なデザインを変える事がどんなに大変かと言う話を聞かせてもらいました。
http://marrypack.air-nifty.com/blog/2007/04/starling_group_dc63.html


Ny_101


私にとっても、その話はとても印象的で、
コロコロデザインを変えてしまっても
あまりとやかく言わない日本とは違うのだと感じてました。

ただ、
すでに出来てしまって販売しているデザインを
元のデザインに戻す程だとは思っていませんでした。

それが、
実際アメリカでは行われたのです。


NYでお世話になったNY在住の平田さんのブログを見て知りました。


そうなんですね〜。

ネットで調べてみるとボロボロ出てきました。


Tropicana


http://packagingworld.blogspot.com/2009/02/tropicana-goes-to-previous-design.html

オレンジにストローがささったデザインも好きだけど、

そこまで思い入れのない私にとっては、
新しいデザインも少し日本的で透明感があって悪くないように感じます。

特にキャップの部分がオレンジになってるのはとってもかわいい。
(この部分は残されるとの話もありますが)

Photo

きっと、
デザインの良し悪しじゃないんでしょうね。

日本でも伝統がある和菓子や
会社創業当時からある商品を変更するのは難しいことです。

でも、日本人って器用なのか
(元はアメリカの十八番ですが)
少しづつ上手に変えていくので、
デザインを元に戻した話は聞いた事ないですね。


こうゆう話を聞くと
気分が2年前に戻ってしまって、
あ〜。NYに行きたいなぁ。

と悶々としてきます。

2009/12/08

オルビスのオンラインショップ

オルビスのデザインした商品は一通り見本としていただけるのですが、
気に入った商品に関しては、お客さんになって買ったりします。

最近はオルビスのオンラインショップを利用しています。

わざわざ出かけなくてもいいし、荷物にもなりません。

シトラスコラーゲンが今月は
2ケース20本セットで通常4400円が3900円とお買い得になっていたので、
4ケース40本買ってしまいました。

それから「桂花潤香茶」も4個購入。


ついでに以前の商品ですが、「ハトムギ美選茶」も1個購入。

合計が1万円を超えましたので、
さらに20%割引になります。

商品到着時に1000円の商品券もプレゼントしてくれるので、
ちょっとお得な感じです。


また、注文商品に応じた数のサンプルも付いてくるので、
それも嬉しいです。
自分でデザインしてますが、サンプルが大好きなんです。
いつもサンプルに力を入れてデザインしています。

わかってもらえると嬉しいのですが・・・

Photo

2009/11/15

JA仙台のシンボルマークでグランプリ

JA仙台が公募していたシンボルマーク
グランプリをいただきました。
http://www.jasendai.or.jp/event/event0060.htm

1

その授賞式仙台まで行ってきました。

仙台ってスキーくらいしか行った事なかったのですが、
物価は安いし、お寿司や牛タンなど食材が豊富。
どの人に会っても気さくでやさしく、
「とってもいい所だな〜。」
と好印象です。

この新しいシンボルマークは、
JA仙台で販売される質の良い農産物加工品を全国にアピールする為に 今後使われるということです。

審査員のコメントでは、
マルシェバックをモチーフにしていて、
エコにも繋がるというコンセプトが良かったのと、
商品に展開しやすいという点が評価されたようです。


これから時々仙台に行く事になりそうなので、
少しづつ仙台を知りたいと思ってます。


2009/11/10

シトラスコラーゲン

最近デザインした新製品。
オルビスシトラスコラーゲン

以前の商品をリニューアルデザインしたのですが、
とってもいい商品なのでご紹介します。

↓オルビスサイト
http://www.orbis.co.jp/small/6204010/

Photo

お肌にとってもいい
コラーゲン6000mgも配合していて、
おまけに、ビタミンC 500mg
ビタミンB2 1日分
それから、エラスチン・ナツメエキス・レモンバーム
と言ったハーブも配合して
とても飲みやすく作られています。

私がデザインしたからお勧めするだけじゃなく、
本当に飲んだ翌日はお肌がツルツルになります。

是非、飲んでみてください。

ちなみに以前のデザインはこれですが、
前回の設計より美容に特化している事から
ナチュラル系のデザインから少し美容系のデザインに変更しました。

Citruscollagen5

2008/12/18

シール印刷

シールの印刷立会いに行ってきました。

以前はやった事がありましたが、
最近のシール印刷事情には詳しくありません。

凸版印刷の版は今では樹脂が主流のようですし、
シール紙も以前に比べて沢山あります。
ユポのような合成紙や銀ホイル紙を使ったシールもいいですね。

その他にも、
例えば半分だけのりをつけるといったように
のりの調節が出来たり、のりの強度を調節することも出来ます。

工場の中のインクの匂い。
くるくると巻き取られながら、
印刷機が動く様子はとても面白いです。

帰りには、
沢山のシール見本シール印刷紙見本をいただいてきました。
これを参考にすれば、次回のデザイン参考になります。

より良いデザインをしていく為にも、
印刷や現場の事をもっと知りたいと思います。

今回は、とても参考になりました。
ありがとうございました。

2008/04/22

アクティブデイリービタミン

オルビス坑酸化物質で老化を防ぐサプリメント
アクティブデイリービタミン」をリニューアルデザインしました。

1


今回で3回目のリニューアルですが3回共私のデザインです。

今回のリニューアルは、
若返りのサプリCoQ10(コーキューテン)の分量を大幅に増やした事と、
他のビタミンEに比べ40倍以上の坑酸化作用を持つ r-トコフェロールを25mg配合した事です。

自分のデザインする商品については できるだけ詳しく理解しようと勤めています。

この商品は1日1袋(4粒)の分封になっていて、
1日に必要な栄養素を満遍なく手軽にとっていって
若さを維持しようというコンセプトの商品です。

オルビスでも人気の商品で、
リニューアルのたびに成分が強化されているようです。

値段は少し高めですが、沢山の種類を買って飲むよりは
結果的にリーズナブルだと思います。

いつまでも若さを維持したい方にお勧めです。

・・・・・・・・・・・・

デザインをする上で気をつけた事は、
入っている成分がよくわかるように、特にCoQ10は目立つように、

E、C、βーカロテンの説明を読みやすくデザインに入れること、

元気が出てきて若返るイメージオレンジを上手く使うこと、
等かなり細かい部分まで気をつけてデザインしました。

Photo

2008/03/12

ブルーベリー葡萄エキス

オルビスの「ブルーベリー葡萄エキス」の
パッケージデザインをしました。

Blueberry2


オルビスのH.P

ブルーベリー葡萄エキスの詳しい資料


北欧産のビルベリーのみを使い、
ルテインβーカロテンプロアントシアニジンをプラスして 「見る」ことをサポートしています。

価格は少し高めですが、成分的には他の商品より高成分なので、
毎日飲んでいると目の疲れがとれるのが実感できます。

デザインの特徴としては、
他のブルーベリーのように実がたわわになっているのではなく、
ビルベリーの特徴である枝に実がついている様子をイラストにしました。
キク科のマリーゴールド由来のカロテノイドを一緒に接種すると
より効果が高まるということで、
マリーゴールドのイラストをできるだけ自然な感じにいれました。

自然のハーブに近い成分から取り出したサプリメント、
効果はあるけれど優しいイメージになるように心がけました。

パソコンを使ってお仕事してる方が多いと思いますが、
時々は目の健康に気を使ってみてはいかがでしょうか?


Blueberry1

2008/02/06

ギフトショー

ギフトショーに行ってきました。

030


ここ3年程は毎年行っていたのですが、
今回はただ見てくるだけじゃなく、少しお仕事に関わってました。

寒天を使った和菓子

「恵那栗寒」のデザインをしました。

032

037_2

「ニッポンいいもの再発見」 の中の恵那商工会のブースです。

ただ、聞いていた場所に見に行ってびっくり!

商品の色が全然違います。


ちょっと冷や汗ものでしたが、
担当者に聞いてみると、
間に合わなくて送ったJPEGをコピーしたようです。

普通ならありえないですが <汗

本刷りは秋になるようです。

お味の方も、甘さを抑えて栗の風味を増すとの事。
まだまだ試作品だったんですね。

少し安心しました。

039


他のブースもひと通り見て回ってみたのですが、
各地方、頑張ってはいるのですが、

商品のレベルにはもう一息のようですね。

2008/01/28

JPDA新年会

JPDAパッケージ協会の新年会に行ってきました。

去年20年ぶりに参加してドキドキだったのですが、
今年は少し余裕が出てきて、知り合いとお話したり、お料理やデザートを食べることもできました。

JPDANY旅行に行ったおかげで知り合いになった方もいて、皆さんのお顔もかなりわかってきました。

今年の講演は吉岡幸雄氏(染司「よしおか」五代目当主)による
日本の伝統色とパッケージ」でした。

私達は和紙こうぞみつまたで作られていることは知っていましたが、それがどんな所でどのように作られているかまでは知りませんでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寒い東北地方の和紙の里で、

極寒の中。

こうぞ干し叩き砕いて煮ていく作業。

和紙の素職人技で漉いていく作業。

100枚の和紙を寸分違わず漉いていく職人技。


寒い中で漉く和紙が最上とは言え、

VTRを見ているだけでため息がでる程大変な作業です。


そうして作られた100枚の和紙

自然界の花草樹にひそんでいる色を汲み出して染色していく・・・


そこでやっと出来上がりと思ったら、まだまだ先があります。

その苦労して染めた100枚の和紙をまた煮てしまうのです。

そうして改めてその染色された和紙から

厚みも色も均一の100枚の色和紙を作っていくのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


奈良東大寺の「お水取り」に使われる和紙の椿は1257年間そうして作られてきたのです。

伝統」って大変なんですね。


JPDAの新年会は毎年このようなたいへん為になる講演があってから、会場を移してパーティーになります。
ちなみに去年は都一中氏による一中節でした。

毎年の講演者を捜すのはJPDAにとっても大変なのでしょうが、夜の外出を控えめにしている私にとっては、この講演が新年会に参加不参加の大切な決め手になっています。

来年も素敵な講演を楽しみにしています。