2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

my rlist

« ルナ・レガーロ | トップページ | 夢の島熱帯植物園 »

2010/08/30

原爆の子・片岡 脩 平和ポスター展

久しぶりの日記です。

東京都立第五福竜丸展示館で展示されている

被爆65年企画展
原爆の子・片岡 脩 平和ポスター展
を見てきました。

展示場所は夢の島公園内です。
新木場駅から炎天下の中を10分程歩きましたが、
思った程遠くはありませんでした。
http://d5f.org/access.htm

建物の中には第五福竜丸が丸ごと入っていて
船の為の建物といった感じです。

2010830_036

2010830_032

2010830_063

2010830_072

大きな船の間に片岡先生の平和ポスターを展示していますが、
千羽鶴や広島の原爆ドームの模型などもあり、
「原爆の子」の文章や新聞の切り抜きや先生が
100枚の平和ポスターを製作するきっかけとなった
ポーランド旅行についての寄稿も展示されています。

全体で原爆の悲惨さ根絶を願っている展示となっていますので、
平和な世界を守る為にもこの場所に一度は足を運ぶ事をお勧めします。

2010830_025

2010830_047

入り口すぐの「LOVE」ポスターは
この場所で見ると説得力があります。

2010830_083

2010830_090

また、「般若心経」のポスターは
2階に上がった船の甲板に展示していて
この場所に相応しく胸に迫るものがありました。

2010830_029

被爆を体験している片岡先生のドロドロしていない
さらりとしたビジュアル表現の真意が
この第五福竜丸の現実の中で生きてきます。

本当の地獄を体験しながらも浄化したビジュアル表現になっている事に片岡先生らしさを感じます。

生前片岡先生には大変お世話になり、
ライフワークで平和ポスターを製作している事はもちろん知っていましたが、今回の展示を見て改めて最後の100点まで製作を続けるだけの命を与えてが欲しかったと残念に思いました。

先生も最後まで製作を続けたかったのだろうと思います。

片岡先生は今でも私の心に中にしっかりと生きていて、
いつも見守ってくれているように感じています。
この場所での展示はぴったりで、
本当にいい平和ポスター展でした。

« ルナ・レガーロ | トップページ | 夢の島熱帯植物園 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90435/49294383

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆の子・片岡 脩 平和ポスター展:

« ルナ・レガーロ | トップページ | 夢の島熱帯植物園 »