2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

my rlist

« JA仙台のシンボルマークでグランプリ | トップページ | 「月のなみだ」NATSU »

2009/11/19

セバスチャン・サルガド写真展

Photo


恵比寿の東京都写真美術館で展示されている
セバスチャン・サルガドの写真展
「アフリカ」
生きとし生けるものの未来へ
http://www.syabi.com/details/sarugado.html

を見てきたのですが、

とにかく、その美しい映像に圧倒されます。

もちろん写真のモチーフは、
見るに耐えないアフリカの惨状を写してはいるのですが、

あまりにも芸術性が高い為なのか、
子供や女性達のやせ細った肉体にさえ「」を感じてしまいます。
本当に1枚1枚がアート作品のようで感動的です。

不思議な感覚ですが、
まず、第一にその芸術性に圧倒されて、
アフリカの人々のかわいそうな現実よりも
写真の持つ美しさにひたすら魅入ってしまいます。

次に、見ている自分に罪悪感を感じて、
同じ人間に生まれながら
こんなにも悲惨な生活を余儀なくされているアフリカの人々に
手を差し伸べたいという気持ちが沸き上がってきます。

感じ方はそれぞれ違うのでしょうが、
見に行って良かった展覧会でした。

この写真展は12月13日までです。

« JA仙台のシンボルマークでグランプリ | トップページ | 「月のなみだ」NATSU »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90435/46801531

この記事へのトラックバック一覧です: セバスチャン・サルガド写真展:

« JA仙台のシンボルマークでグランプリ | トップページ | 「月のなみだ」NATSU »