2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

my rlist

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »

2008/08/29

新大久保 コリアンタウン

新大久保コリアンタウンって知ってました?
私は初めて聞いたし、まったく予備知識ゼロでした。

お昼に新大久保の駅で待ち合わせをして、
韓流ファンのママ友の案内で、総勢8人のプチ韓国ツアーです。

まずは、お昼のランチということで、

明洞のり巻」と言う何とも面白い名前のお店で
初めて食べる韓国料理の数々です。

008


お店の名前にもなっているこの「のり巻」はとっても美味しくて、
帰りにはそれぞれがテイクアウトを頼んだくらいです。

009


これは「おでん」ですが、おもちとはんぺんの薄いのが入っていて日本のおでんとは少し違います。
トッポッキ」は細長いお餅を唐辛子炒めしたような料理で、少し辛いですがボリュームがあって美味しいです。

012

この他にもおなじみの石焼ビビンバや海鮮ちぢみも美味しかった。

011

お腹いっぱい食べて、お土産まで買って、

驚く程 安い

満足。

満足。


通りにはあたり前ですが、韓国のお店が沢山並んでいます。
焼肉屋さんはもちろん、韓流スターのブロマイド店もあります。

018007

035023


041037


食事の後は散策しながら職安通りまで出て、
韓国広場」に入りました。

026

027


028

ここは沢山の韓国食材があって面白くて
帰りの荷物が大変になるのを承知で、ついつい買ってしまいます。

↓これは買って帰った品物
043

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨が降ってきたので、
こりぷら」でお茶にしました。
ここは韓流ファンのお店のようです。

033


032


氷に、あずきやアイスクリーム、ミニ餅、ゼリーなどがトッピングされた韓国では代表的なデザートの「パッピンス」をいただきました。
030

これも初めて食べましたが、
韓国では、この数倍の大きさと聞きました。

そんなに大きくては食べきれません。
これで十分です。


042

ぐるっと回って新大久保駅に着いた時はもう夕方でした。

この日は少し雨が降ったりしましたが、
楽しく散策できて面白かった。

誰か詳しい人がいないと、こんなに効率よく散策出来ないですね。

Yさんありがとう♪


私は韓国ドラマ「チャングムの誓い」と「冬のソナタ」くらいしか見たことがなかったけれど、話を聞いたり散策したおかげで興味が沸いてきました。

また、次回ツアーを楽しみにしています。

今度はもう少し詳しくなって、
違う楽しみ方が出来るといいかな。


とりあえず「ソドンヨ」見てみます。

また報告しますね。

2008/08/28

ハリソン君

自由が丘で食事をした後、
子ども達へのお土産に
ダロワイヨ」でハリソン君を買いました。

002


以前に買ったハリソン君の子ども達です。

小さなハリソン君3匹はお話してるみたいで
やっぱり、かわいい~

004


この子達の中身は、
バニラとフランボワーズシャーベットです。

2008/08/04

平和メッセージ展・オープニング

8月4日に「片岡修のメッセージ展」のオープニングがありました。
021

回顧展は2005年の 「片岡修 平和ポスター展-PEACE FOREVER」が三宅一生文化財団で開かれて以来です。

013


会場には沢山の懐かしい方が次々に現れて、
愛知芸大1期生~11期を通り越して30期位まで幅広い年代が集まりました。

中には誰だったか?思い出せない方も・・・


懐かしい雑魚亭のおばちゃん、鹿目先生、勝井先生。
など修さんが懇意にしていた方達も続々と来てくださいました。

パーティーが始まって暫くしてもご挨拶がないので、
ちょっと奥様に確認してみると、

「何となく沢山の人が集まってくれて
皆でお話してくれればそれでいいです」

と奥様らしい発言でした。

005

042

044


前日に主人を含め12人程で展示を手伝いに行きましたが、
ロビーのような場所なので展示の制約が多く
先生の作品ポスターを床に展示することになったそうです。

047


会場にはKJTさんが知り合いのスタッフと徹夜して作ってくれた DVDが流れていました。

大変だったようですが、DVDが有るのと無いのとは大違い、
それでも作るところが学生時代と変わらず熱い男のままです。
本当にご苦労様でした。感謝。感謝です。

会場では、誰と話しても学生時代に戻ってしまい
もっとゆっくりしたかったのですが、娘二人を残しているので、
奥様を自宅に送りながら、早めに引き上げました。

奥様は会期中は毎日会場に通われるようです。

私も今度は娘を連れて、またゆっくり見に行こうと思っています。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年10月 »