2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

my rlist

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007/09/29

リトルレッド

長女が「リトルレッド」の試写会を当てたのですが、
あいにく期末テスト中で行けないので、
次女と私で有楽町のよみうりホールまで行ってきました。

舞台挨拶には上野樹里加藤浩次ケンドーコバヤシが来ていて
自由が丘のスイートフォレストで10月6日から発売される
スイーツのお広めもしていました。

映画がはじまってから飲み物を買いにロビーに行ったら
樹里ちゃんがインタビューを受けてて、すぐ近くで見ることができました。

かわいい~ですね。
本当に「のだめ」みたい。

あのキャラはそのまま地のようです。


紹介のお菓子もロビーにあったので撮ってきたのですが、
大きいラウンドはうまく撮れてたのに
樹里ちゃんプロデュースの三角錐の甘酸っぱいイチゴケーキは撮れてませんでした。

2007_010


会場は写真撮影は禁止だったので写真無しですが、
かわりに試写会の時のブログ見つけました。
その時の写真もいっぱい載ってます。


2007/09/27

ミス・ポター

前から見たかった映画「ミス・ポター」を東宝シネマで見てきました。
最近はネットでもレディースデイ扱いができるようになって便利です。

この映画はピーターラビットなどの作者ビアトリクス・ポターの恋と半生を描いた作品なのですが、
シカゴの時とはまるで違うレニー・ゼルウィガーの演技も良かったし、時々映画の中でイラストが動きだす夢のようなシーンが織り込まれていて、物語とは別な楽しみをプラスしてくれます。
映画のシーンが進むごとにポターの幼い頃の回想や田園風景とともに、このかわいいピーターラビット達小動物のキャラクターが生まれでてくる現場を目の当たりにすることができます。

「とってもおバカなアヒルの話なの」

「ある日アヒルのジマイマが道で紳士に会うの」

「その紳士は牙があるの」

「そのくらいおバカなアヒルの話なの」

と、幼いポターが物語を話すのです。

ピーターラビットの本といえば、カラフルなイラストを第一に思い浮かべる人が多いと思いますが、
「本のページを31ページに抑えて3色刷りにすることで1枚の紙刷りで1冊の本を作ることができる。」
という編集者の思いつきからこのカラフルなかわいい本が生まれたのが本当なら、これは最高のマーケテイングだと思います。この本が白黒で出版されたならこんなにベストセラーにはならなかったでしょう。

本の校正の為ポターが印刷所に行く場面では、昔の印刷機から刷り上がるちょっと濃いめのピーターラビットを見て「もう少し薄くなりません?」って私たちと同じです。
この場面は個人的にもとても興味深かったので、映画を止めてゆっくり回りを見たいくらいでした。

上流階級の婦女が仕事を持つことが考えられなかったこの時代に、次々とベストセラーを出し続けた心の原動力も見ることができてとてもいい映画でした。
最後に湖水地方の環境保護に取り組んでいく様子も共感が持てました。

2007/09/09

「弦楽とのアンサンブルの夕べ」と「台風」

関東直撃台風の中、
片岡先生の奥様をお誘いして
愛知芸大OBが主催するコンサートに行ってきました。

9月6日(木)7時から新宿角筈区民ホール
第11回 A・fam
弦楽とのアンサンブルの夕べ」です。

Photo

表参道に奥様を迎えにいき、
そこからタクシーで新宿角筈区民ホールへ、
この時5時半、少し風はありますがそれ程ではありません。

早く着いてしまったので、新宿パークハイアット東京
軽い軽食をとりました。

デリカデッセンなんですが、素敵なお店で、
好きなものをチョイスして軽食をとることができます。

窓越しの外はかなり嵐になってました。

6時半開演に間に合うようにホールへ向かうものの
傘はさしていられない程の嵐になっていました。


この台風の為か観衆は100人足らずで、少しかわいそう。
でも、無理ないですね。


演奏は愛知芸大卒業生だけでなく、
シュトゥットガルト室内管弦楽団主席チェロ奏者
ギョルギー・ボグナーさんの演奏もあり、
私的にはこれを楽しみにしてました。

ギョルギー・ボグナーさんは大柄なドイツ系のおじさんで、
童話や絵本の中に出てくるチェロ弾き人形のようです。


娘が弾いている時は大きく見えるチェロですが、
ギョルギーさんが弾くと小さく見えます。

演奏のたびにメガネを変えるしぐさもお茶目でしたが、
演奏も軽快で楽しい弾き方です。
もちろん、テクニックも素晴らしく、私が知っている以上のチェロの弾き方をしていました。

特に最後の演奏曲
ベートーヴェン チェロとピアノのためのソナタ3番
作品69イ長調 1、2楽章」

は聞きごたえがあり、とても素敵でした。


観客の中に何人かお顔を拝見したことがある方がいたのですが、
台風の進行が気になって、終了と同時にタクシーで表参道へ向かいました。
この時は、もうタクシーくらいしか走ってなくて
あっという間に表参道まで着いてしまいました。

タクシーの中から見た原宿の景色とネオンは、
雨でにじんでブルーに輝いていて、とても綺麗で絵になってます。
もう少し余裕があれば写真に撮りたいくらいでした。

とにかく、傘もさせない程の嵐になってましたので
奥様とのご挨拶もそこそこに地下鉄を乗り継いで
急いで家まで帰ってきました。

家に着いたのは11時くらいでしたが、
あまり被害にあわずに無事帰り着くことができました。

台風の中迷いながら出かけたコンサートでしたが、
結果的には楽しめて良かったです。

台風一過。

娘達は学校が休校になり
3連休をのんびりして過ごしています。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »